ふる川の想い

ひとりの老僧が開いた名湯。 その昔、美泉定山という修験僧が、 あまたの困難を乗り越えながら、 人々を癒すための湯治湯を開きました。 そこはやがて定山渓温泉と名づけられ、 四季折々の風情が美しい温泉郷として、 親しまれるようになりました。
癒しの想いを今に受け継ぐ。 定山が守り続けた良質な湯には、 病や怪我に苦しむ人々を癒したいという 老僧の心が今も息づいているのです。 ふる川はその心を受け継いでいます。 お客様に心からの癒しとおもてなしを。 全従業員が同じ想いで働いています。
心からのおもてなしのために。 季節の食材で手作りするお食事は、 一番美味しくお召し上がりいただく。 ちょっとした食べものや飲みものは、 無料サービスでお楽しみいただく。 この宿ではなるべく気兼ねなく、 心地よく過ごしていただくために。
日本一あたたかい宿をめざして。 札幌の市街地から車で1時間弱。 ここはあなたの心のふる里です。 ただゆったりと、ただのんびりと。 日本一あたたかい宿をめざすふる川で、 心と体がやさしく癒されてゆく、 幸せなひとときをお過ごしください。
ふる川の想い-心のふる里をめざして 蔵-築百年の古民家と 札幌軟石の石蔵が 融合した大人の空間 ゆ瞑みストーリー-開祖・定山が守りし 「壱の湯」につかり 自らを省みるひととき 癒し-貸切岩盤浴・エステ他
ページトップへ