蔵スタイルストーリー

おもてなしの「原点」へ。 お客様を、自分の家にお招きするように。 そんな、おもてなしの「原点」に帰ろう、 そう考えてつくったのが「喜庵」です。 実は、社長の実家を移築してつくりました。 京都の情景の「縦格子」をイメージして、 ちょっとモダンなしつらえにしています。
心が豊かになる「文化」の薫り。 クラシックと楽器と、大人の絵本や詩集と。 豊かな時間には「文化」の薫りが大事ですから。 飾っているのは、お客様から頂戴したものばかり。 和室の琴や三味線、レコードプレーヤーなど、 社長が母親から受け継いだものも少しあります。
自由に過ごす「喜び」の時間を。 普段は手にしない本をめくってみたり、 のんびりと昔を懐かしんでみたり。 お茶やお茶請けもご用意しています。 どうぞ、自由な時間をお過ごしください。 お越しくださるお客様の「喜び」こそが、 わたしたちの「喜び」なのですから。
ふる川の想い-心のふる里をめざして 蔵-築百年の古民家と 札幌軟石の石蔵が 融合した大人の空間 ゆ瞑みストーリー-開祖・定山が守りし 「壱の湯」につかり 自らを省みるひととき 癒し-貸切岩盤浴・エステ他
ページトップへ